京都桂温泉 仁左衛門の湯

ストーリーを楽しむ ~楽しみ方提案~

京の華から、離れ湯へ

華

やかな京都市の中心から少し離れて“離れ湯”へ。
そこには、京のことばで「はんなり」と呼ばれる、落ち着いた華やかさがあり、上品に明るく陽気なさまも感じさせる「もうひとつの京」があります。
洛北の鞍馬・大原の“奥深い温泉”、
比叡山へと通じる北白川の“素朴な温泉”、
多彩な施設を有する“遊べる温泉”、
街中とは違った趣が楽しめる『京の湯座敷』へ出かけてみませんか。

大原温泉 湯元 京の民宿 大原の里

大原温泉 湯元 旬味草菜 お宿 芹生

不動温泉

もうひとつの京へ

北山、東山、西山と三方を山々に囲まれた京都は、
四季がある日本ならではの美しく豊かな自然が集まる絶好の地です。
古の貴族たちは、洛北、洛東、洛西と呼ばれるこれらの地で、
夏の“涼”や秋の“紅葉”を楽しみ、俗世の喧噪からしばしの安息を求めたりと、
「もうひとつの京」をこよなく愛してきました。
「もうひとつの京」に湧く豊かな自然の中のいで湯は、
訪れる人たちの心と体を癒すことでしょう。

癒しをもとめて「京の奥座敷」へ

奥深い緑の山々と清流が流れる洛北の鞍馬・大原は、京都市内から小1時間で行ける『京の奥座敷』です。

『京の奥座敷』の湯は、“森林浴”という魅力が加わります。森林浴は、樹木から発散される「フィトンチッド」という香り成分や森の中の「マイナスイオン」によって、精神的なリラックス効果があると言われています。他にも、そよぐ風の音や小鳥のさえずりなど「1/fゆらぎ」と呼ばれる自然のリズムは、心地良い癒し効果があると言われています。ゆったりと湯につかりながら、自然の音に耳を澄まし、大きく深呼吸をしてみてください。日々のたまった心と体の疲れも、さっと洗い流してくれることでしょう。

鞍馬の地名は、鬱蒼とした森林に囲まれ、昼でも暗い=「闇部(くらぶ)から転じたと言われています。京の華やかさとは趣が異なり、神秘的な雰囲気を漂わせる鞍馬は、北方を守るパワースポットといにしえより考えられてきた場所。雄大な山並みを眺める露天風呂では、移り変わる四季の景色を味わうことができます。

大原は、高野川の清流に沿う「京の山里」。苔の庭園や紅葉が美しい三千院や平家物語ゆかりの寂光院など、数々の寺院や昔ながらの伝統家屋、田畑が広がる “日本の原風景”が残ります。そこに湧く湯は、四季折々の色彩と京の雅、そこに暮らす人々の息づかいも感じさせてくれます。

くらま温泉

北白川天然ラジウム温泉(露天風呂付客室)

時の流れをさかのぼる「京の離れ座敷」へ

温泉好きが集う『京の離れ座敷』は、
ノスタルジックな雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

北白川の温泉は、京都から比叡山へ向かう山道にある、ひっそりとした佇まいが魅力。
豊富なラジウムを含む温泉は、微量放射線によるホルミシス効果やラドンガスによる温熱効果があり、体内の免疫力を高め、万病を癒すと言われています。
昔ながらの湯治場の雰囲気が味わえるため、温泉好きが集う憩いの湯に。
また、閑静な宇治川に面する「桃山温泉 月見館」は、今では数少ない木造三階建ての料亭旅館。落ち着いた伝統的な和風の宿で楽しめる、やわらかな泉質の温泉と
旬の素材を使った京会席は、京のおもてなしを心ゆくまで堪能できると評判です。

桃山温泉 月見館(外観)

桃山温泉 月見館(露天風呂)

まるで温泉のテーマパーク「湯遊座敷」へ

温泉を欲ばりに楽しみたい方は、さまざまな設備が充実した温泉はいかがでしょうか。京都の文化の特徴は、伝統を守りつつ、革新に挑戦する『柔軟さ』にあります。それぞれの温泉施設の創意工夫を凝らした自慢の湯は、1日いても楽しめることでしょう。

ホテル京都エミナース 京都竹の郷温泉

京都桂温泉 仁左衛門の湯

少し離れて、通な京を楽しむ

市内中心部の観光だけでなく少し時間にゆとりのある方は、『京の湯座敷』に出かけてみませんか? ほんの少し足をのばせば、ステキな思い出となる『通な京都』を体験できます。

PageTop